もしドナ ~もしもドナルドとデイジー好きの夫婦が結婚披露宴をしたら~

結婚式での手作りアイテムや、ディズニーにこだわって選曲したBGMをご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入場~ウェルカムスピーチ

さてさて、だいぶお久しぶりになってしまいましたが^^;
曲紹介はようやく入場へと移ります。


シーズン・オブ・ハート テーマ Season of the Heart Thema  シーズン・オブ・ハート(TDS)

シーズン・オブ・ハートは、2007,2008年の閑散期(1月~3月)にTDSで行われたイベントで、
ハーバーショーでは鑑賞しているカップルから何組か選ばれて参加するなど、
超絶リア充向けイベントでございましたwww
大好きなリズム・オブ・ワールドが終わった翌年のイベントということもあって、
個人的には(゚⊿゚)ツマンネだったのですが、まぁ、そんなこと関係なくショーの曲は良いですw
このリア充向けイベントというコンセプトは、
2008年から同じく始まったバレンタイン・ナイトに引き継がれるのでありました。
この曲もショーで引き続き使用されているようです。
バレンタイン・ナイトのショーは一度見てみたいのですが、
なんせ別料金なのがちょいと足踏みしてしまうところ。
来年こそは・・・

入場曲はとっても大事なところなので、二人とも悩みに悩んだのですが、
この曲を入場曲として紹介していたサイトがありまして、
改めて聞いてみると、華やかで入りも壮大な感じだしで、結構ピッタリ!でした。

ディズニー・デリシャス・デイズ、リズム・オブ・ワールド、
そしてこのシーズン・オブ・ハートと続いてきたTDSの閑散期イベントですが、
翌年のTDR25thアニバーサリーのフィナーレイベントを最後に、
2013年現在行われておりません。
パークが空いていて、いいといえばいいのですが、
TDR30thアニバーサリーも閑散期イベント(フィナーレ)をやらないというのは、
流石にさみしい気がします……


ドナルド



※曲名異なりますが、13曲目が同じ曲です。

スポンサーサイト

PageTop

迎賓その3

アクアスフィア・プラザ~デイ  Aquasphere Plaza ~Day  パークミュージック(TDS)

TDSに入ってすぐのプラザで、大きなアクアスフィアと共に出迎えてくれるのがこの曲。
これから始まるTDSの一日に胸が膨らむ素敵な時・・・
というイメージですが、実はこの曲をプラザでゆっくり聞いたことは、
ほとんどありませんwwwww
朝イチはお目当てのアトラクションのファストパスを取ったり、
スタンバイに並んだり、いい場所でショーを見るために場所取りをしたり・・・
たまにはゆっくりこの曲を聞いてみたいものですw

ちなみに、この曲には夜バージョンもありまして、こちらの方がだんぜん印象に残っていますね。
夜バージョンを聞いていると、まだ帰りたくない><と淋しい気分になります。


ドナルド



※迎賓で流れたのは6曲目。夜バージョンは15曲目です。

PageTop

迎賓その2

新年あけましておめでとうございます!
結婚して初めて迎えるお正月でしたが、お互いの実家にごあいさつに行く以外は、
ひたすら食っちゃ寝のだらだらした時間を過ごしておりますw
三が日も終わったことですし、ブログも再開しようかと。
(ホントは4日に記事を上げるつもりだったのですが・・・w)


フリックの収穫機 The Flik Machine  ”バグズ・ライフ”より

バグズ・ライフは、ピクサー2作目の長編アニメーション。
虫たちの世界を舞台に、アリのフリックと個性豊かな虫のサーカス団たちが活躍する物語です。
曲名となっている「フリックの収穫機」は、変わった発明が大好きなフリックが作ったもので、
バッタたちに脅され、せっせとアリたちみんなで集めた食糧を台無しにした、
ある意味この物語の諸悪の根源でありますw
フリックの発明は、失敗ばかりで、フリック自身もドジなアリ。
でも、みんなを思いやる気持ちは人一倍あって、どこか憎めないんですよね。

バグズ・ライフといえば、個人的に思い出すのは、
TDLのワンマンズドリームⅡ。バグズ・ライフのサーカス団の面々が出てきて、
様々な演目を見せてくれるのですが、最後にアリたちのラインダンスが見られます。
このアリたち(の着ぐるみw)が、妙に生々しくてちょっと気持ち悪いですw
ぜひランドに行ったら見てみてください。


ドナルド




※フリックの収穫機は10曲目です

PageTop

迎賓 その1

アメリカンウォーターフロント American Waterfront パークミュージック(TDS)

迎賓の1曲目はパークミュージックから。
20世紀初頭のニューヨークと、東海岸の小さな漁村ケープコッド、
そして古き良き移動遊園地をテーマとしたトイビル・トロリーパーク、
この3つのエリアからなるテーマポートが、アメリカンウォーターフロントです。
グランドオープン当初は主にショーを観るエリアといった感じでしたが、
タワー・オブ・テラー、トイストーリーマニアといった人気アトラクション、
ケープコッドではダッフィー大人気、とTDSの中でも一二を争う賑わいのエリアとなりました。
来年の閑散期もタワー・オブ・テラー:Level 13の開催が決定するなど、
ますます賑わいの予感がします。
私のオススメはブロードウェイ・ミュージックシアターで開催されている、ビッグバンドビート。
'20~'40年代にかけて流行したスウィングジャズのレビューショーで、
何と言っても見どころはミッキーさんのドラム!!
見る度に「流石ミッキーさんはイケメンやでぇ」と思いますwww
ビッグバンドの演奏にジャズシンガーたちの素敵な歌声、
きっとあなたも自然とリズムにノって、体が動いてしまうはず!

ドナルド




披露宴で使用した楽曲は8曲目。
上記で紹介しているビッグバンドビートの曲は4曲目です。

PageTop

アフターセレモニー

想いを伝えて That's How You Know  ”魔法にかけられて”より

魔法にかけられては、当時すでにデジタルアニメが主流となっていたディズニーで、伝統的なセルアニメの手法を復活させ、その古き良きアニメーションの世界と実写(現代のニューヨーク)の世界を行き来するという、それだけでもワクワクするような作品。アニメから実写へ移る瞬間は必見です!
そして随所に散りばめられたセルフパロディの数々。ディズニープリンセス作品は勿論、ピクサー作品、さらにはそれ以降に公開される作品への伏線まで!ディズニー映画好きの人でも、一度観ただけでは全てに気づけないはず。何度も観たくなる作品です。
この曲はセントラルパークでのミュージカルシーンで使用されているもの。主人公のジゼルが芝生の上を駆け寄るシーンは、美女と野獣のパロディともサウンド・オブ・ミュージックのパロディとも言われています。
挙式後、晴れ渡る空の下、この曲で・・・と思っていましたが、当日は生憎の雨^^;
でも、室内でのアフターセレモニーも、それはそれでいい思い出ですね♪

ドナルド



※3曲目です

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。